正しいグリーンスムージーの作り方

グリーンスムージーは正しく作らないと失敗する?

芸能人や海外のセレブの間で、ダイエットや健康維持にそうとうな効果を発揮するということで、人気が爆発した飲み物がグリーンスムージーですが、今ではグリーンスムージーは朝ご飯の定番としての地位も築きつつあり、通販や自作はもちろん、グリーンスムージー専門に取り扱うショップというのも出てきているのです。
ではグリーンスムージーを最近知ったので、改めて作り方を知りたいという方は、どのように作ればいいのでしょうか?
グリーンスムージーの作り方について、振り返って考えてみたいと思います。
グリーンスムージーは作り方が非常に簡単な飲み物です。
その作り方は、まず野菜や果物を飲んでみたいものを購入、もしくは集めてきます。
そしてきれいに洗います。
さらにミキサーやブレンダーで細かくしやすいように、カットしていきます。
その後はミキサーやブレンダーにかけて、トロミが強いようでしたら、水分などを足してゆるくして飲みやすくしたら完成です。
このように基本の作り方というのは、非常に簡単なのです。
さらに基本を抑えて応用を利かせてくると、アレンジなどもいろいろ出来るようになってきます。
また味も工夫をすることが出来ます。
ただしついやりがちな失敗として、牛乳を加えたりするのはお勧めしません。
よく青汁などは飲みやすくするために、牛乳を加えるといいといいます。
ですがグリーンスムージーには、牛乳は野菜や果物の栄養の吸収を阻害してしまうというデメリットがあるのです。
また青汁に入れるようなキャベツやケールなどもお勧めできないのです。
このように作り方は自由ですが、グリーンスムージーならではのルールを守って作らないと失敗する場合もあるのです。