グリーンスムージーの保存方法

グリーンスムージーの保存はある程度なら問題無し

ある程度なら問題無し

 

グリーンスムージーは、緑色の葉野菜や果物を使ったドリンクです。たくさんの栄養素を効率よく補給できるので、健康な身体作りにはピッタリの飲み物なのですが、いざ作るとなると、野菜や果物を切って、ミキサーを準備してと、意外と面倒なことが多いです。最初に作る時点で多めに作っておいて、残りは保存しておけば、多少は面倒な作業が減りますが、グリーンスムージーは、冷蔵庫で保存しておけば、大体8時間から10時間は保存できるようなので、一々作るのが面倒なら、一度に多めに作って保存してしまいましょう。

 

美味しく飲むなら作りたてが一番

 

ある程度なら冷蔵庫で保管出来ますが、やはり美味しく飲むなら作り立てが一番です。さらに味だけでなく、一度作ったグリーンスムージーは、時間が経てば経つほど栄養が抜けていき、本来の効果を発揮できなくなってしまいます。出来れば飲むごとに新しいのを作っておきたいところですが、少しでも面倒を減らしたいなら、下準備だけは、予め済ませておくのも良いかもしれません。食材の状態なら、冷凍保存も出来るので、手間を減らしつつ、美味しく栄養豊富なグリーンスムージーを飲むことが出来ます。

 

既製品は長持ち

 

長期保存を前提にするなら、手作りではなく、既製品のグリーンスムージーを購入しましょう。最近は健康食品として、グリーンスムージーを販売するメーカーも増えており、粉末タイプで、水に溶かして飲むタイプが人気です。粉末タイプは、陽が当たらない涼しい場所に保管すれば、商品によっては年単位で保存することが出来、栄養素も全く減りません。商品についての情報は、通販サイトなどで公開されているので、興味のある方はチェックしてみてください。