グリーンスムージーは便秘に効く

グリーンスムージーで便秘を解消するには

便秘を解消するには

 

頑固な便秘に悩まされているという方は、食生活を改善することで、便秘を解消できる場合があります。便秘の原因は色々ありますが、食生活が原因の場合、食物繊維が不足して、便が固くなってしまっていたり、腸の動きが鈍くなっている可能性があるので、毎日の食事で食物繊維を補給する必要があります。野菜に多く含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維と呼ばれるもので、腸の動きを活発にさせる効果があるので、海藻などに含まれる、水溶性食物繊維と一緒に補給すれば、便秘を相当解消しやすくなるはずです。

 

グリーンスムージーの便秘の効果

 

野菜を使って食物繊維を補給するなら、そのまま食べるよりも、グリーンスムージーを飲むようにするのがオススメです。グリーンスムージーは、野菜や果物を使ったスムージーで、そのまま野菜を食べるよりもお腹が膨れません。さらに複数の野菜を同時に摂ることができ、効率よく色々な栄養素を補給できるので、健康や美容にも役立ってくれます。自分で手作りするのはもちろん、粉末タイプの既製品も最近は売られているので、自分の好きな方法で、毎日グリーンスムージーを飲みましょう。

 

内臓冷えには要注意

 

グリーンスムージーによる便秘対策は、非常に高い効果を発揮してくれますが、内臓冷えには注意が必要です。内臓冷えは、冬場に冷たいものを飲むと起きやすく、逆に便秘を誘発する恐れがあります。そのほかにも、身体に悪影響を与える元となるので、冬にグリーンスムージーを飲む際は、冷たい状態では飲まず、常温にしてから飲むようにすると、内蔵に負担を掛けずに、食物繊維を補給することが出来ます。また、夏が旬の果物には、身体を冷やす効果があるものも多いので、使用する食材にも気を配るようにしましょう。