グリーンスムージーに適したくだもの

適したくだもので最高のグリーンスムージーを作る

グリーンスムージーというのは、自身で作る際にぜひ加えるといい野菜がありますが、同時に加えるといい果物というのもあります。
その加えるといい果物というのは、イチゴ、ミカン、グレープフルーツ、ブルーベリーなどのベリー類、マンゴー、パイナップル、バナナなどの南国の果物や、リンゴにナシなどの定番果物などいろいろと合う、そしてお勧めなのです。
これらの果物はただ美味しい、万人にうけるというだけでなくて、ビタミンなどの栄養素も豊富に含まれているのです。
また野菜のビタミン、ミネラルとの相乗効果で、それだけで一日に摂りたい栄養がきちんと摂れてしまうのです。
では美味しいからといって果物を適当かつ大胆に入れると、誰でも最高のグリーンスムージーが出来るのかというと、それはそうではありません。
やはりグリーンスムージーのベテランならわかるかもしれませんが、これとこれの組み合わせは美味しいとか栄養が最高とか、考えなければならない組み合わせというのがあるのです。
例えば初心者はあまり見た目にグリーンが前面に出ると、少し躊躇してしまうのではないでしょうか。
そこで初心者には初心者なりの、グリーンスムージーにお勧めの果物というのがあります。
それは好き嫌いが分かれるかもしれませんが、バナナです。
バナナは、非常に自己主張のはっきりした果物です。そのため野菜に少々癖があったとしても、バナナはその癖を打ち消して飲みやすくしてくれるのです。
ただじゃあバナナを入れるとなんでもいいのだと言われると、それも少し違っています。というのもバナナを加えるとすべてがバナナ味になってしまいますし、なんと言ってもバナナはカロリーが非常に高いので、あまり入れ過ぎると高カロリーになってしまうのです。